So-net無料ブログ作成

4日目 ハルビン(Harbin) [アジア]

スポンサーリンク




陸路、ロシアのウラジオストクからモスクワへ向かう途中の旅程、中国のハルビンへ、、、

train.png

harbin-route.png

harbinmap.png

漢字で表記すると「哈爾浜」だそうな。


予想以上に近代的な街並み。
harubin.jpg

ちょっと独特にも思える名称なのは、ここが昔は満洲と呼ばれていわゆる中国とはまた別の地域だったことから。

街の名称は中国語由来でなく、満州語由来の「白鳥」から来ているのではとも言われるが、他にもモンゴル語説、古代語説もあったりではっきりしないそう。


現在は中国(中華人民共和国)の最北にあたる行政区分、黒竜江省の省都かつ、北海道の札幌よりも北に位置する街に600万人近い人口を要する大都市。

ちなみに昨日のウラジオストクは人口にしてもおおよそ60万人で10分の1の規模。
ウラジオストクがあるロシア極東地域全ての人口を入れても、それでもハルビンより少ない約300万人ほど。

対して、戦時中(1932~1945年)に存在した、満洲国の領地が現在はそのまま中国東北部と言われていて、その東北部に位置する(黒竜江、遼寧、吉林)の三省だけで、日本の全人口とほぼ同じくらいの人たちが暮らすという、中国のダイナミックさというのか、国境という境界線1つ隔てて、30倍以上の人口の差があるという意味で、ロシアが実は恐怖を抱いているという噂もあながち、間違いじゃないのかも、、、と考えさせられた。


ハルビン音楽公園.jpg
音楽公園だそう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。