So-net無料ブログ作成

6日目 ノヴォシビルスク(Novosibirsk) [ヨーロッパ]

スポンサーリンク




モンゴルのウランバートルから、国際列車で約2日。

ロシア中部の中心都市、ノヴォシビルスクへ、、、

uranbatar-novosibirsk.png

train-route.png


シベリア地域では最大で、ロシア国内では第三の規模を誇る大都市。

ノヴォシビルスク駅前広場.jpg
ノヴィシビルスク駅前


といっても、街の歴史自体は他の有名な大都市と比べるとすごく浅くて、まだせいぜい100年ほどらしい。

直訳したらまんま、「新しいシベリア」という意味の名称で、新大阪や、新横浜みたいな日本の駅名のような感じで意訳したら「新シベリア」なんて言っても差し支えない名称。

ちなみに最短期間で人口が100万人を突破した都市ということから、ギネス記録にも乗るほどで、世界で海から遠い大都市の1つだと言われてる。
(※その他には、中国のウルムチなんかも。ウルムチが世界一海から遠い大都市みたいです。)


シベリアへ向かう中継地でもあり、またここから中国やモンゴルに向かう国際列車の分岐点だったりするので、街のにぎわいはそれはもう、とっても◎

近代的なホテルが立ち並んでいたり、大通りもクルマがたくさん走ってるくらいで、ソビエト崩壊当時の経済混乱なんか一体どこへやら。

ノヴォシビルスクのホテル.jpg
ノヴォシビルスクの近代的なホテル


ノヴォシビルスク大通り.JPG
大通り(レーニン通り)


地下鉄も走っているくらい、洗練された大都会の姿が、ユーラシア大陸の中心部にありました。

ノヴォシビルスク地下鉄駅.jpg
地下鉄の駅構内


ロシアに再び入り、だんだんモスクワが近づいて来ましたな。

まだまだ続きます、ロシア編。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。